2004年10月06日

骨という字を見ていたら、走るボンバーマンに見えてきた。

ボンバーマン

ファミコンやりたい。

posted by EMIL at 12:52| 宮城 ☁| Comment(37) | TrackBack(5) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年09月28日

壊れたテレビ

家のテレビが壊れてしまった。
電源が入らず、何も映らない。

壊れて初めて気づいたのだが、僕の生活はかなりテレビに依存していたようだ。
自分の意思と関係なく、顔が勝手に映らないテレビの方を向いてしまうのだ。

壊れたテレビを見ながらご飯を食べている姿はまるでコントだ。

テレビ社会が生んだ悲劇と言いたい。

posted by EMIL at 12:24| 宮城 ☁| Comment(5) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年09月23日

コイン

コインには発行年が刻まれている。

平成生まれもいれば昭和生まれもいる。
見た目よりずっと若く見える奴もいれば、その逆もいる。
人間と一緒だ。

さっきコーヒーを買ったおつりに、自分と同い年なのにやたらに年季の入った10円玉をもらった。
いったいどんな人生を歩んできたんだこいつは。

posted by EMIL at 15:51| 宮城 ☁| Comment(2) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年09月13日

業務連絡

8月下旬あたりから仕事が急に忙しくなって、昼休みに毎日ブログを書くモチベーションが著しく低下しています。
(僕にとって日々のネタをひねり出すのは結構なエネルギーを消費する作業なのです)

多分10月頭くらいまで更新頻度が著しく低下すると思われます。

その後は復活する予定ですので、全国で約10人くらいと思われる読者の皆様、少年エーミールを見捨てないでおいてください・・・。

posted by EMIL at 12:49| 宮城 ☁| Comment(19) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年09月07日

ちょんまげ

江戸時代、ちょんまげを結うときに頭を剃るか剃らないかは、個人の自由だったのだろうか。
時代劇を見ると、剃っている人もいれば剃ってない人もいるように見える。

ヒゲと同じように、伸ばしてるとちょっとワイルドでかっこいいという風潮もあったかもしれない。

「お客さん、絶対伸ばした方が似合うと思うんだけどな〜」
とか言いながら髷を結う床屋を想像した。

posted by EMIL at 18:11| 宮城 ☁| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年09月06日

タバコ

最近のタバコのデザインって、タバコっぽくないのが多い。

僕は今はタバコをやめているが、昔はキャスターマイルドを吸っていた。
そのキャスターマイルドの新デザインなんて、まるでコンドームだと思う。

http://www.kurayoshi.co.jp/whatsnew/0408new_sale.html

僕が吸っているうちにこのデザインにならなくて良かった。

posted by EMIL at 14:25| 宮城 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年09月03日

乾杯

片手でなにか物を持ち上げようとするとき、その物体が予想以上に軽いと、手が勢いよく上がってしまうことがある。
はたから見るとちょっと恥ずかしい動きだが、本人にとっては不可抗力なのだ。

あー、つまり何が言いたいかというと、さっき缶ジュースを持ち上げようとしたら中身が空で意外に軽く、「カンパーイ!」みたいなポーズになってしまったということ。

posted by EMIL at 12:34| 宮城 ☀| Comment(1) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年09月02日

人の心はお金で買えるか

ラ社堀江氏が本を出したみたい。

http://newsflash.nifty.com/news/ts/ts__fuji_320040901037.htm

年間100億円稼いでるんですね。ほしい、そのお金。
100億とは言わないけど、その100分の1くらいのペースで稼いだら、なに不自由ない暮らしが出来るだろうな。

でも、「人の心はお金で買える」は違うよ。
「ビジネスで成功して大金を手に入れた瞬間、『とうてい口説けないだろうな』と思っていたネエちゃんを口説くことができたりする。その後は芋づる式です」と彼は言っているわけですが、要はきれいなおねえちゃんとセックスする対価として「お金」を使うか「心」を使うかの違いがあるだけで、お金で心を買っているわけじゃないはず。

ただ、僕は「心」>「お金」っていう盲目的な考え方には反対だ。
「心」も「お金」も物理的あるいは精神的な利を得るための手段(?)であって、どっちが重要で高尚かというのは単純に語れる話じゃないと思う。

「お金」がなくなったら、それに惹かれていた人は離れていくだろうけど、それは「心」に関しても同じはず。


本を実際に読んだわけじゃないので堀江氏の真意はわからないけど、なんか書きたくなったので書いてみた。
posted by EMIL at 17:46| 宮城 ☔| Comment(2) | TrackBack(3) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年09月01日

空を飛ぶ夢

今朝、空を飛ぶ夢を見た。

なぜか折り畳み傘にまたがって、ハリー・ポッターのように低空飛行で広場を飛ぶ。
佐野元春が広場を走っているのを見つける。
僕は「今度のアルバムいいっすね!」とか言いながら、彼の周りを飛びまわる。
元春は逃げながら苦笑いしている。

飛ぶ夢は性的な欲求不満を表しているといわれるが、こういった夢を見るのはすごく楽しい。
この夢を見るためならあんなことやこんなことを我慢してもいいと思う。

posted by EMIL at 09:44| 宮城 ☁| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年08月25日

秋刀魚のにおい

色の認識は人によって違う、という話をどこかで聞いた。
色なんて所詮脳による光の認識だから、僕の目に見えている赤とあなたの目に見えている赤が同じという保証はないのだ。

においとか味だってきっと同じだ。
僕がかいでいる秋刀魚の焼けるいいにおいは、他人には全く違う不快な匂いとして認識されているかもしれない。

意外にこういった事が食べ物の好き嫌いの原因になっているのかも。

posted by EMIL at 12:54| 宮城 ☀| Comment(15) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年08月24日

メダル

オリンピックで優勝すると金メダルがもらえるが、賞品がメダルである必然性がわからない。
金の脳とか金のエンゼルマークとか金の斧とか黄金のマスクでも別にいいんじゃないだろうか。

どうせなら、その競技にちなんだ形にするのはどうだろう。

「室伏惜しくも銀ハンマー!」
「野口みずき金シューズ!」
「野球日本代表めざせ金球!!」

やっぱりメダルの方がいいかも。

posted by EMIL at 12:08| 宮城 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年08月23日

オリンピックの水泳を見て思ったこと

各泳法のスピードを比べてみると、以下のようになる。
クロール>バタフライ>背泳ぎ>平泳ぎ

クロールが一番速いのは、まあ納得。力いっぱい手をグルグル回して足をバタバタさせてるんだから遅いわけがない。
バタフライの存在意義がわからない。クロールより遅く、平泳ぎより疲れる。
背泳ぎはクロールを裏返しにしただけなので、がんばればバタフライよりいい記録が出そうな気がするが、気のせいだろうか。
平泳ぎは一番遅い。北島スゲーって思ったけど、他の泳法に比べるとぜんぜん遅い。制限された動作の中での最速。競歩を見ているようだ。


追伸
Yahoo!ニュースの「北島に国民栄誉賞を」というタイトルを見て、北島三郎のことかと思った。どっちでも良いが。

posted by EMIL at 12:17| 宮城 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年08月19日

拉面

「ラーメン」って漢字で書くと「拉面」だ。

初めてラーメンをカタカナ表記した人はだれなんだろうか。
最初は拉面業界からの反発もあったかもしれない。
しかし今日では、ラーメンは一般的な表記として完全に定着した。

「携帯」が「ケータイ」に変化したときと同じダイナミズムを感じる。
posted by EMIL at 12:40| 宮城 ☁| Comment(0) | TrackBack(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年08月18日

カツンコツン

夜道を歩いていたら、自分の足音が左右で違うことに気づいた。
右は「カツン」、左は「コツン」だ。

体がゆがんでいるから違う音が出るんだろうか。

バス停から家までの直線コースで、歩き方を微調整したり、体をひねったりして、同じ音がするように試行錯誤してみたが、だめだった。

デューク更家にでも入門してみるか。

posted by EMIL at 12:14| 宮城 🌁| Comment(4) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年08月16日

友達

柔道の野村選手すごいな。オリンピック3連覇だって。

3連覇ってことは、結構昔から活躍してるんだ。
何歳なんだと思って調べたら、今年で30歳だった。

なーんだ、タメじゃないか。
もし生まれたところが近かったら、僕らは仲のいい友達になってたかもしれない。
ファミコンのカセットを貸しあったり、ピンポンダッシュしたり、自転車で隣町まで冒険したり。

「よお、野村。久しぶりじゃん。
 昔はおれの方がずっと強かったのにな。
 それにしても、お前奥さん美人だなー」

とか、言ってみたり。


以上、妄想でした。ファンの方ごめんなさい。
posted by EMIL at 12:35| 宮城 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。